それなりの地獄

日記、ポエジーの排泄

わたしは

死ぬほど

生きられる